本セミナーで学べるポイント

「今から税理士開業は未来が無い」なんて真っ赤なウソ!税理士開業の“勝ちパターン”を掴む!
 昨今、会計事務所業界に影響を及ぼすトピックスを日常で見聞きすることが多くなったと感じます。例えば、日本そのもの、マクロの動向であれば、
「2030年に労働人口が約650万人減少する。さらに、中小企業数も急速に減少していく」
「働き方改革により、労働環境の見直しが急務である。生産性向上の課題が顕在化する」
「行政の生産性革命に伴い、“待ったなし”のデジタルシフトに迫られる」
等、いずれも中小企業、そして会計事務所業界も当然ながら向き合わざるを得ない、確実に押さえておくべき動向だと考えています。さらに、会計事務所業界の課題であれば、
「資本力のある税理士法人の数が10年前と比べ2倍以上に増加した。今まで以上の“顧問獲得大競争時代”へ突入する」
「専門知識を保有する会計人不足が多発する。即戦力人材に頼らない、“非属人的な業績アップモデル”の確立が求められる」
「会計事務所業界のライフサイクルの変化、AI・RPA等の最新テクノロジーが進化した。“高付加価値型業務”への対応が迫られる」
等、業界を脅かすような課題が全国各地で顕在化しつつあります。
 しかしながら、「今から税理士開業は未来が無いのか?」といえば、全く未来が無いとは思いません。重要なことは、上述したような動向・業界課題を正しく把握(時流適応)したうえで、“勝ちパターン”を確立することです!実際に、近年で既に税理士開業で成功した先人は“勝ちパターン”を開業期から確立し、
★ わずか90日間で16件の新規受注を獲得
★ 開業初年度で、新規受注額(売上ベース)1,000万円以上を突破
★ 取り組み開始1年間で新規受注額1,540万円を突破、新規受注額1,400万円を突破
等、即効性のある成果を得られています。繰り返しになりますが、このような成果は、時流適応し、“勝ちパターン”を確立した結果です。まさに、この成功事例の代表格が、フィンテリックス総合会計事務所の岡 明弘様と曽禰会計事務所の曽禰 雄輝様です!
 フィンテリックス総合会計事務所、曽禰会計事務所、両事務所に共通していた資質は、「当初開業期であった自身が、できること(向いていること)とできないこと(向いていないこと)の線引き、そして、(当初は)弱者なりに“力相応一番化”を追求した」ことでした!その結果、“勝ちパターン”を持ち、現在の安定基盤を早期に確立することに成功しました。
 今回のセミナーでは、フィンテリックス総合会計事務所 代表/税理士 岡 明弘様と曽禰会計事務所 代表/税理士 曽禰 雄輝様のお二方にご登壇いただき、開業期のサクセスストーリーについて詳しくお話いただきます。
※今回は特別に2名のゲストをお招きし、セミナーを開催する予定です

成功する開業税理士のルール化の1つ!攻めやすいマーケットへ注力すること!
 上述した“勝ちパターン”の中でも、特に重要な点が「どのマーケットを攻めるか?」です。フィンテリックス総合会計事務所、曽禰会計事務所をはじめとした、近年成功する開業税理士のルール化の1つと言っても過言ではないのが、「開業期に攻めやすいマーケットへ注力すること」です!仮に、攻めるマーケットの選択を誤ると、
● 安定基盤の確保が遅れ、近未来の計画が崩れる
● 日々顧客・売上が増えない(増える兆しが見えない)プレッシャーを抱える
● 前向きな投資ではなく、単にキャッシュが減少していく状況に耐え続ける(資金繰りが安定する見通しが立たない)
等、最悪のケースでは、開業税理士として、事業を継続していくかどうかを迫られる可能性が0ではないかもしれません。開業期に攻めるマーケットとは、これほど重要であることをまず認識すべきです。
 そして、既に成功している多くの開業税理士が選択したマーケットが「創業支援」マーケットです!フィンテリックス総合会計事務所、曽禰会計事務所をはじめとした、これまで成功する開業税理士の多くが、まずは「創業支援」に注力して、早期に安定基盤を確保されてきました。開業税理士が“勝ちパターン”を確立するためには、まずは攻めやすいマーケットである「創業支援」を選択し、とにかく「創業支援」に注力することが第一歩です。そのうえで、どのように創業期の新規顧客を獲得していくか、具体的な手法を組み立てていくか重要です。
 そこで、何故、開業税理士が「創業支援」に注力すべきか、7つの理由をご紹介します!
1.開業税理士と起業家の相性が良い(同じ開業期という共通点がある)
2.創業期は顧問税理士が付いていない場合が多く、積極的なマーケティングが実施しやすい(業界のしがらみを気にする必要無し)
3.最初の顧問税理士となることで、事務所都合で業務を進めやすい(効率化を推進しやすい)
4.事務所の基盤となる法人顧問を獲得し、ストック収入を増やせる(⇔ 相続)
5.創業支援により安定的な受注チャネルが構築可能であり、後に積極投資が可能である
6.他業務と比較し、創業支援の業務は専門性が低く、処理が容易である。また、将来職員へ引き継ぎが容易である(⇔ 相続業務、コンサルティング業務等)
7.「創業融資→財務顧問」の切り口で、既存の競合事務所との差別化が十分に可能である
 上記7つの理由を中心に、開業税理士が攻めるべきマーケットが「創業支援」であることについて、セミナーでは徹底解説する予定です。

先人が築き上げた最新ノウハウ!開業初年度で売上ベース1,000万円以上を狙う!
 開業税理士の“勝ちパターン”として、攻めやすい「創業支援」マーケットへ注力することをふまえて、開業初年度、取り組み当初から成功するためには、成功確度の高い手法を展開していくことが重要です!成功確度の高い手法とは、フィンテリックス総合会計事務所、曽禰会計事務所を中心とした先人が既に実践し、成果に直結した最新ノウハウを指します。その中でも、「創業支援」マーケットで開業初年度に売上ベース1,000万円以上を狙うために厳選した手法をご紹介します。
 まず、近年「創業支援」で成功する開業税理士は、創業融資と財務顧問を商品化し、新たな付加価値を生み出すことにより、顧客満足度を高く、報酬も従来の2~3倍で獲得しています。(商品化とは、単体の商品として報酬を得られる状態です。)創業融資のポイントは、
①創業融資の申請フローを固めること
②創業融資の申請資料を固めること
であり、申請フローから申請資料まで固めることで、短期間で大量の新規受注を獲得し、実務を処理することが可能です!加えて、財務顧問のポイントは、
①事務所が提供する商品(税務顧問と財務顧問)の「コンセプト定義」を行うこと
②財務顧問として提供する商品の「メニュー定義」及び「業務フロー定義」を行うこと
③財務顧問として提供する実務の「パターン化」を行うこと
ことが重要であり、1ヶ月程度の短期間で商品化することも可能です!
 そして、創業融資をフロントエンド商品(集客商品)とし、財務顧問をバックエンド商品とした導線をつくることが重要です。この導線が確立されていると、より事務所への共感が強い、報酬の高い優良な顧客との付き合いが増加します。創業融資を切り口とした集客のポイントは、
①創業融資に特化した専門HPを制作し、Web経由で常時見込み客を集客し続けること
②事務所開催のセミナー・イベントを定期開催し、ブランディング効果を高めつつ、集客し続けること
であり、見込み客を最大化する集客チャネルを持つことが可能です!加えて、クロージングのポイントは、
①「新規問い合わせ~電話対応~面談対応~受注可否判断~クロージング(受注)」まで、一連の流れを設計すること
②集客商品の創業融資とセットで、財務顧問を専門家へ依頼するメリットが伝わるクロージング資料を作成し、面談時に活用すること
であり、営業未経験の開業税理士でも受注を最大化することが可能です!
 開業税理士が「創業支援」マーケットで成功するために、創業融資と財務顧問の商品化、集客・クロージングの導線づくりの実践手法について、セミナーでお伝えします。

WEBからの
お申し込みはコチラ

お客様の声

同じ開業税理士として、自分も戦うマインドになれました

木島圭亮税理士事務所(東京都)
 代表/税理士 木島 圭亮 様

2016年8月に開業し、船井総研のセミナーに参加しました。参加した理由は、ゲスト講師である開業税理士が本当にうまくいっているのか、どういったやり方で進めているのかを確かめるためでした。セミナー参加後、「この取り組みをすれば、普通の税理士でも本当にうまくいくんだな」と思い、自分も戦うマインドになれました。実際に成功している先生の話が、生で聞けるのは非常に安いと感じました。

創業支援に注力した結果、開業5年目で年商1.2億円&30名規模へ急成長!

Actvision税理士法人(大阪府)
 代表社員/税理士 塩谷 宣弘 様

船井総研のセミナー・研究会には、開業当初から参加しています。 参加者同士の情報交換会、グループディスカッションを通じて、成功事例を吸収することができます。 一緒に切磋琢磨する事務所が今どのようなことに取り組んでいるのか、どのようなことを考えて経営しているのかを知ることができ、非常に有意義な時間です。また、講義内容も先進的な事例が充実していて大変刺激になります。結果として、開業5年目で年商1.2億円&30名規模の事務所へ成長することができました。

セミナー・研究会で講師の話を聞いて、“即時”財務顧問の商品化を成功させることができた!

株式会社ネクスト・プラス(長崎県)
 代表取締役/税理士 東 大智 様

実際に取り組んでいる先生から財務顧問の話を聞いて「これは良い!すぐに商品化しよう!」と決めました。その後、早速事務所で財務顧問の商品化を進めました。その結果、商品化してから数ヶ月間で財務顧問の受注を20件以上獲得できました。現在は新規の顧問先のみならず、既存の顧問先にも財務顧問を積極的に提案しています。

このような方にオススメ

  • “これから開業する予定”である税理士の方へ
  • 開業期、新規顧客開拓に向けて
    “何をやればいいかわからない”開業税理士の方へ

  • 早期に“顧問先100件以上、売上3,000万円以上”をつくりたい開業税理士の方へ
  • “開業初年度に売上ベース1,000万円は狙いたい!”と思う開業税理士の方へ
  • “やりたいことに専念できる環境”を最短距離でつくりたいと思う開業税理士の方へ

セミナーの詳細

2019年税理士開業セミナー
(セミナー番号:S044391)

日程◆【東京】2019年7月6日(土)/【東京】2019年8月6日(火)
時間◆12:30~16:30(受付開始12:00~)
場所◆船井総合研究所 東京本社
料金◆一般企業:25,000円 (税込 27,000円)/1名様
   会員企業:20,000円 (税込 21,600円)/1名様
※本セミナーは「税理士開業3年目以下の方」「開業予定の税理士の方」を受講対象といたします
※ご入金の際は、税込金額でのお振り込みをお願い致します。
※会員企業様とはFUNAIメンバーズPlus各業種別研究会にご入会中の企業様です。

お振込先について◆
三井住友銀行(0009)近畿第一支店(974)普通預金 口座番号:5785777
受取人名:カ)フナイソウゴウケンキユウシヨ セミナーグチ
第1講座
12:30~13:10
会計事務所業界の動向と開業税理士の“勝ちパターン”
株式会社船井総合研究所 士業支援部
グループマネージャー/エグゼクティブ経営コンサルタント
鈴木 利明
第2講座
13:25~14:05
開業1年目と2年目以降の変化!
開業税理士のサクセスストーリー①

フィンテリックス総合会計事務所
代表/税理士
岡 明弘 氏
第3講座
14:05~14:45
開業初年度から取り組んだ創業支援!
開業税理士のサクセスストーリー②

曽禰会計事務所
代表/税理士
曽禰 雄輝 氏
第4講座
15:00~16:00
90日間で再現!開業税理士が取り組むべき実践手法
株式会社船井総合研究所 士業支援部
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
塩見 菜緒
第5講座
16:10~16:30
今、開業税理士に考えてほしいこと
- 早期に安定基盤を確保し、発展するために -

株式会社船井総合研究所 士業支援部
グループマネージャー/エグゼクティブ経営コンサルタント
鈴木 利明

申し込みに関する問い合わせ◆セミナー事務局
内容に関する問い合わせ◆鈴木利・塩見
お問い合わせ電話番号:0120964000(平日09:30~17:30)

講師紹介

フィンテリックス総合会計事務所  代表/税理士
岡 明弘 氏

2015年9月にフィンテリックス総合会計事務所を開業。 事務所名の「フィンテリックス」は、金融(fi nance)、知恵・情報(i ntell igence)、
税(tax)の造語であり、会計・税務だけではない強み・サービスを想いに込めている。
2016年9月より「創業客向け財務支援モデル」へ本格的に取り組む。その後、激戦エリアである東京都渋谷区において、取り組み開始90日間で16件の新規受注を獲得し、1年間で新規受注額1,540万円を突破する。
開業5年目を迎える現在、顧客数の増加に伴い事務所の人数は8名となる。着実に成長し続ける若手事務所である。

曽禰会計事務所  代表/税理士
曽禰 雄輝 氏

2016年7月に曽禰会計事務所を開業。 開業前は会計事務所の勤務経験に加え、中堅企業、大手上場企業と併せて約10年営業を経験し、加えて管理業務に約4年従事する等、税理士としては異色の経歴を持つ。
開業当初から注力分野を創業支援に絞り、2016年11月より「創業客向け財務支援モデル」へ本格的に取り組む。顧客0(売上ベース0)から始まり、1年間で新規受注額1,400万円を突破する。
現在も新規受注件数が40~50件程度、新規受注額が1,000~1,500万円程度、毎年増加し続ける。勢いのある関西の若手事務所である。

株式会社船井総合研究所 士業支援部
グループマネージャー/エグゼクティブ経営コンサルタント
鈴木 利明 氏

船井総合研究所へ入社後、会計事務所向けのコンサルティングに一貫して従事。士業支援部史上、最速・最年少でグループマネージャーへ昇進、初のエグゼクティブ経営コンサルタントへ昇級し、現在、会計事務所向けコンサルティンググループの責任者を務める。開業直後の税理士へ即効性のある顧問先開拓手法の提案、年商1億円突破に向けた事業戦略の立案及び実行支援、中堅・大手事務所向けに新しいビジネスモデルの構築支援等、会計事務所における業績アップコンサルティングを得意とする。

株式会社船井総合研究所 士業支援部
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
塩見 菜緒 氏

東京都出身。中央大学法学部卒業後、新卒で船井総合研究所に入社。入社後は、会計事務所向けコンサルティンググループに配属し、創業支援を切り口とした法人顧問獲得に特化したコンサルティングに注力している。現在は毎月全国各地約20事務所様に伺い、業績アップできるよう先生と二人三脚で取り組んでいる。

7月6日(土)の
お申し込みはコチラ
8月6日(火)の
お申し込みはコチラ

その他のセミナー情報をお知りになりたい方へ

メルマガ登録 イメージ

船井総研サムライ通信では最新の業界情報に加え、船井総合研究所にて開催される人気セミナー情報についても配信しております。これを機にぜひ無料購読いただきますよう、お願いいたします。

WEBからのお申し込みはコチラ
お電話でのお問い合わせ