2018年度版会計事務所経営時流予測レポート

2018年度版会計事務所経営時流予測レポート

レポートはコチラ

レポートの説明

こちらのレポートは税理士業界の時流を捉えた上で、
2018年度に取り組むべき
業績アップ手法・人材マネジメント手法を記載したレポートです。

現在税理士業界は大きく変化しており、その時流を抑えた上での
経営をしなければ継続かつ安定的に成長・発展はできないような外部環境になっています。

顧客獲得競争は激化しており、
新規設立法人を1件獲得することも難しくなってきている現状があり、
ビジネスモデルの転換が求められています。

それは
低単価 & 低付加価値型モデルから高単価 & 高付加価値型モデル
への転換です。

その中で、取り組むべき具体的な業績アップモデルは

”財務支援”モデル の確立
です。

また、顧客獲得競争と同じくして人材獲得競争も激化しているため
人材マネジメント手法(採用→定着→育成)も大きく変化していく必要がございます。

人口減少社会・採用難・受験者数の減少と外部環境に変化があり、
どの事務所も採用ができない・人不足の状態が続いています。
そのため
人材を確保できる事務所が生き残る事務所
と言っても過言ではない状況です。

今後事務所が継続・安定的に成長・発展していくためにも

  1. 採用:採用弱者から採用強者 -ダイレクトリクルーティングモデルの構築-
  2. 定着:優秀な社員の離職を防ぐ仕組み作り – 規模別離職防止
  3. 育成:“完全個別対応”で人材育成プログラム作り

最後に、
今後の税理士業界はより激化していきます。
その中で継続かつ安定的に成長していく事務所になるためにも
ぜひこちらのレポートをご覧いただき、今後の経営にお役立ていただけましたら幸いです。

目次

1.2017年事例講座(業績編)

  1. – 創業融資モデル
  2. – 財務顧問の商品化
  3. – 2018年に期待!新しい成功モデル

2.2017年事例講座(人材編)

  1. – 採用:資格者・経験者即戦力型採用から未経験者育成型採用へ
  2. – 定着:離職の6つの要因を知る!優秀な社員の離職を防ぐ仕組み作り
  3. – 育成:採用後の戦力化までの人材育成法は完全個別対応が基本

レポートはコチラ

観覧用ID・パスワード無料発行はこちら