税理士法人 横浜総合事務所 様

事務所名:税理士法人 横浜総合事務所
代表 山本歩美 様

【支援依頼のきっかけ】

 

支援については、前の代表が業界仲間といいますか、
友人、知人から受けてみたらと薦められたと聞いております。
研究会については、宮井さんに、
コンサルティングでいらしていただくようになって、紹介されて知りました。
業界のお友達からの紹介です。

 

【支援をうけて良かった点】

 

大きく違うなと実感することは、マーケティングの面ですね。
もしかしたら業界の癖なのかもしれませんが、
マーケティングということを行ってこなかったなという認識がございます。
自分達の能力を磨くとか、高度な知識を身につける
ということにはとても興味があるんですけれども、それをどうやって売るのか、
お客様に、どういうふうにみせたらそれを「欲しい」と思ってもらえるのか、
というような観点が抜けていたと思います。
そこで、私達の声がお客様に届かない、お客様の声も私達に届かない
というようなミスマッチがおきていたんじゃないかと思います。
お手伝いいただいて、
「こういうふうにみせたらお客様に響くんですよ」
「こういうキーワードにお客様は興味を持つんですよ」
というようなことを教えていただきました。
また、価格帯とか相場観を教えていただいたのも大きいですね。

 

【効果・成果】

 

もちろん新規が取れるようになったということが大きいんですけれども、
なによりも自社の中の商品定義が明確化されてきたことが大きいと思います。
今までは税務顧問契約という中に、全ての内容が込み込みになっていて、
何がどこまで、私達の仕事かがわからなかった面があったんですけれども、
「顧問契約の中に入るものはこれ、入らないものはこれで別料金です」といった具合に、
本来であれば顧問料に含まれないものに関して、きちんと商品化し、
商品として切り出すことで、料金がいただけるようになりました。

また、今まで顧問料の中に含まれていた全ての内容に対応できるメンバーしか、
会計事務所のメンバーになれないと思っていたのですが、
商品定義が明確になったことで、仕事内容の切り分けができたので、
切り分けた商品を任せることができるようになったんですね
今まで以上に、採用面でのターゲットをより幅広く考えられるようになって、
事務所の将来が大分設計しやすくなったかなと感じています。

 

【コンサルタントの印象、期待、将来の展望etc】

 

当初はソフトな印象で、むしろ、イマイチ切り込んでくれないといった感じでした。
なあなあになっている訳ではないのですが、お互いに、本来は、
もっと切り込まなきゃいけないのだけれども喉の奥に何かがつっかえている
といったようなところがあったと思います。

何回か、面談、打ち合わせを繰り返している中で、だんだん踏み込んできてくれるようになったので、
私達も逆に踏み込んで答えることができるようなっていると感じています。
きっとコンサルタントの方からすると、言いにくいこともあるだろうと思うのですけれども、
私達も薄々気づいてはいるのですが気づきたくないことを
指摘いただけるのはありがたいなと思っています。

コンサルタントの方には、今のまま、やさしい雰囲気を持ちつつも、
切り込んできてくれることを期待しています。
一方、商品定義が明確化されてきたことで、私達もいろいろとやりたい業務が増えてきています。
まだぼやっとしていて、正直、夢のような話なのですけれど、
そのようなことも共有していただいて、商品化できるようにお知恵を貸していただければと思います。

 

【初めてのお客様へ向けて、船井総研と付き合うメリット】

 

「自分達が売りたいものを売りたいように売る」から「売れるようにパッケージして売る」という発想の転換ができるということを伝えたいです。