売上1.8倍で労働時間159時間削減!?社労士事務所様向け生産性向上施策②業務標準化・平準化

売上1.8倍で労働時間159時間削減!?社労士事務所様向け生産性向上施策②業務標準化・平準化

平素よりお世話になっております。
社会保険労務士事務所様の生産性向上のお手伝いをさせていただいております、船井総合研究所の浅野 大樹と申します。

この度、下記のセミナーを開催させていただきます。

『社会保険労務士事務所様向け生産性向上セミナー』
▼日程&会場
2/29(土)㈱船井総合研究所 五反田オフィス
3/7 (土)㈱船井総合研究所 大阪本社
 ▼お申込みURL
  https://lpsec.funaisoken.co.jp/samurai271/syaroushi/sem/056334_lp/

上記セミナーにゲスト講師をしていただける社会保険労務士法人 綜合経営労務センター様では、生産性向上施策により、昨対比で売上1.8倍、総労働時間159時間削減という成果を出されました。もちろん所員様数に変更はございません。

そこで今回のコラムでは、前回の工数に応じた料金体系に続き、『社会保険労務士事務所向け生産性向上施策②業務標準化・平準化』というテーマでお伝えできればと思います。

業務標準化とは『仕事の進め方を処理速度と正確性を軸に処理方法を統一すること』を指し、平準化とは『統一した処理方法を工程で役割分担すること』を指します。

皆様の事務所様では『所員様によって処理速度、正確性にバラつき』はございませんか?

もちろん育成レベルが原因で処理速度や正確性は異なりますが、最も考えなければならない原因は『処理方法が原因で処理速度や正確性が異なっている場合』です。

処理方法は様々な面から異なります。
・手続き顧問で情報提供を依頼するメールの文章を最初から最後まで打っている
 ⇔不足情報提供依頼のメールフォーマットを活用している
・チェックリストを活用してチェックしている
 ⇔自分の知識経験でチェックしている

など、無数にあります。
※コラムの文字数制限がございますので、セミナーにて詳細をお伝えします。

上記のような所員様毎の業務処理方法の違いを明確にして、最速かつ最も正確性の高い処理方法に統一する手法が『業務標準化』となります。

また、事務所で独自に進めるよりは、既に生産性を向上されている社会保険労務士事務所様で確立されている手法を知っている第三者機関に調査を依頼し、客観的に調査しながら最速かつ最も正確性の高い処理方法を事務所に導入する手法が最も効果が出やすいと思います。

次に『平準化』ですが、ある調査データで、一人が全てを行うよりも一部に集中して処理した方が処理速度と正確性が向上し、習熟密度も高くなることが分かっています。

これは社会保険労務士の先生方が弁護士資格も土地家屋調査士資格も行政書士資格も取得されて、お一人で各々の全ての種類の業務をなされることをご想像いただければご理解いただけるかと思います。

そのため、顧問先規模、顧問サービス種別、工程別(窓口・作業)等、業務の特性に応じて平準化(役割分担)をなされるのが、最も効果が出やすいと思います。

工数に応じた料金体系と併せて業務標準化・平準化をなされている他の成功事例事務所様では年間休日131日取得されながら、一人当たり年間売上高1052万円を達成されていらっしゃいます。

下記、セミナーでは実際の業務整理表やマニュアルなど様々なツールを見ていただける予定ですので、ぜひご参加いただければと思います。

『社会保険労務士事務所様向け生産性向上セミナー』

▼日程&会場
2/29(土)㈱船井総合研究所 五反田オフィス
3/7 (土)㈱船井総合研究所 大阪本社
▼お申込みURL
 https://lpsec.funaisoken.co.jp/samurai271/syaroushi/sem/056334_lp/

社労士ノウハウ無料ダウンロード