司法書士・行政書士向け相続分野時流予測レポート

REPORT

このレポートを読むことにより、相続ビジネスの収益最大化のためのポイントがわかります

2020年は【相続シフト】のラストチャンス!税理士・弁護士などの他士業の参入や司法書士・行政書士の参入増加で、相続分野はよりレッドオーシャンになります。
さらに、不動産会社や葬儀社などの他業種からの参入で、士業以外の競合が増え、終活に取り組む事業者とも競合するように変わります。つまり、今後は他の司法書士・行政書士事務所や他の士業だけではなく、事業会社も競合になります。
また、以前からスマホ最適化の必要性が叫ばれていましたが、さらに紙媒体や広報などのオフラインでのマーケティングも重要視されます。

本レポートでは、2020年の司法書士・行政書士の相続分野の時流予測とともに、2020年に取り組むべきことをまとめております。

このような先生方にご覧いただきたいレポートです

  • これから相続分野に取り組みたい先生
  • すでに相続分野に取り組みを進めている先生
  • 競合が激しい環境で生き残る戦略を考えたい先生

目次

  1. 司法書士・行政書士業界 相続分野の現状
  2. 相続・財産管理分野の今後・これからこうなる!
  3. 相続分野2020年経営のポイント ズバリこれをしよう!
     ①「案件単価追求」→「案件LTV(顧客生涯価値)追求」へシフト
     ② 生前対策分野(遺言、民事信託)強化 & 顧客接点創り強化
     ③ 相続案件獲得チャネル開拓 & 専任営業部隊創り
     ④ 相続スタッフ採用&強化 相続発生後手続き案件の業務・面談標準化
     ⑤船井総研 ご支援先事務所様&会員事務所様の業績アップ事例

本レポートをご覧いただく「メリット」

  • 相続分野の今後の状況を把握できる
  • これから相続分野に取り組む司法書士・行政書士の先生方がするべきことが理解できる
  • すでに相続分野に取り組む先生方にとって次に打つべき手を考えられるようになる

※さらに詳しく内容が知りたい、実際に取り組んでいる方の話が聞きたい、という方は相続・財産管理研究会(勉強会)にお越しください!

こちらの研究会では、お試し参加を募集しております。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
(https://www.samurai271.com/sozoku/study/scrivener)

無料レポートダウンロードはこちらから