税理士業界 における 相続業務分野 最新事例レポート

REPORT

このレポートを読むことにより、税理士業界における相続マーケットのトレンドがわかります

相続税法の改正以来、相続税申告の件数は2倍に伸びています。こうした拡大市場のなか、相続税申告案件の獲得競争は激化しています。
全国展開する大手税理士法人の台頭や、金融機関などの相続業務参入などにより、プレイヤーが増加するとともに、申告案件の単価も落ちています。
こうしたなか、注目を集めるのが、資産額が1億円未満の層をターゲットにした「コンパクト相続税申告」モデルです。

当レポートでは「コンパクト相続税申告」に参入すべき理由と、実際の成功事例に基づくビジネスモデルの解説をおこなっています。

このような先生方にご覧いただきたいレポートです

  • 続税申告マーケットの最新動向が知りたい税理士・会計事務所の先生
  • なぜ「コンパクト相続税申告」に取り組むべきか知りたい税理士・会計事務所の先生
  • コンパクト相続税申告モデルの実際の成功事例が知りたい税理士・会計事務所の先生

このレポートでわかること

  • 実際の一般顧客や税理士・会計事務所のニーズ分析に基づく相続税申告ビジネスモデルの展望
  • コンパクト相続税申告モデルの構造(ターゲット、業務処理体制、集客戦略など)
  • 実際にコンパクト相続税申告モデルに取り組み成果を上げた事務所様の事例

※さらに詳しく内容が知りたい、実際に取り組んでいる方の話が聞きたい、という方は会計事務所相続研究会(勉強会)にお越しください!

こちらの研究会では、お試し参加を募集しております。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
(https://www.samurai271.com/sozoku/study/scrivener)

レポートのダウンロードはこちらから