弁護士業界 における 相続業務分野 最新事例レポート

REPORT

このレポートを読むことにより、弁護士業界における相続マーケットのトレンドがわかります

超高齢社会日本において、相続分野は、数少ない伸び盛りなマーケットといえます。
そのなかでも、弁護士が相続分野で取り組むべき商品は「紛争解決」です。これは、弁護士の特権業務であると同時に、顧客のニーズが明確であることから、早期に業績を上げやすいためです。
一方で、紛争解決は、受任が難しい、精神的な負担や時間的なコストが大きすぎるといったネガティブな側面もあります。
こうした状況のなか注目を集めるのが「早期解決型遺産分割」です。これは、家族内での紛争が激化する前から弁護士が介在することにより、紛争化させずに円滑な遺産分割を行うモデルです。

当レポートでは、「早期解決型遺産分割」に取り組むべき理由と、実際の成功事例に基づくビジネスモデルの解説をおこなっています。

このような先生方にご覧いただきたいレポートです

  • 弁護士業界における相続分野の最新動向が知りたい弁護士の先生
  • なぜ「早期解決型遺産分割」に取り組むべきか知りたい弁護士の先生
  • 「早期解決型遺産分割」を受任するための商品設計を知りたい弁護士の先生

このレポートでわかること

  • 紛争解決における課題と「早期解決型遺産分割」に取り組むメリット
  • 「早期解決型遺産分割」を受任するための「相続人・相続財産調査」の商品化
  • 「早期解決型遺産分割」の集客・提案・受任ステップにおけるポイント

※さらに詳しく内容が知りたい、実際に取り組んでいる方の話が聞きたい、という方は相続・遺言業務研究会(勉強会)にお越しください!

こちらの研究会では、お試し参加を募集しております。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
(https://www.samurai271.com/sozoku/study/scrivener)

レポートダウンロードはこちらから