民事信託マーケット 2019年時流予測

REPORT

このレポートを読むことにより、民事信託ビジネスの今の時流がわかります

現在司法書士業界だけでなく、ハウスメーカーや金融機関など周辺業界も積極的に信託への取組を進めています。その結果、一般的な認知度が上がりつつある分野です。
民事信託は、高い単価で受注することができるだけでなく、サービスをパッケージ化することができるため、務所の生産性までアップさせることができますし、今もなお、積極的に取り組んでいる事務所が少ないため、ブルーオーシャンという状況です。

しかし一方で、「どう取り組めばいいのかわからない」「他業界にライバルが出ている中で、本当に取り組んで大丈夫なのか」というお悩みがあるのではないでしょうか?
そんなお悩みをお持ちの方はぜひ、当レポートをご覧ください!

メディア

このような先生方にご覧いただきたいレポートです

  • 民事信託分野に取り組み、売上を伸ばしたい先生
  • 市場が伸び、ライバルが増える中で自社が何に取り組むべきか知りたい先生

このレポートでわかること

  • 相続・生前対策マーケットの現状
  • 民事信託マーケットのライフサイクル
  • 金融機関や不動産会社など、他業種の民事信託分野への参入状況
  • 民事信託対象者の一般家庭への広がり
  • 民事信託 受任件数別成長ステップ
  • 民事信託業務で今すぐ取り組むべきこと

※さらに詳しく内容が知りたい、実際に取り組んでいる方の話が聞きたい、という方は民事信託研究会(勉強会)にお越しください!

こちらの研究会では、お試し参加を募集しております。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
(https://www.samurai271.com/sozoku/study/scrivener)

レポートダウンロードはこちらから