例えば、葬儀社、金融機関、他士業(主に税理士)、不動産仲介、介護関連、保険会社などのチャネルが挙げられます。

我々のご支援先や会員事務所様の中で、これらチャネルとの連携に成功し、相続案件の紹介がとても増えている事務所様が沢山出てきました。

 
葬儀社: 相続相談月間3~5件、平均単価50万超の遺産整理案件の紹介を月間1~2件獲得

税理士:平均単価50万超の遺産整理案件の紹介を月間1~2件獲得(一事務所につき年間1件程度)

金融機関:相続相談月間2~3件、平均単価50万超の遺産整理案件の紹介を月間1件獲得

 

ここでご紹介している事例よりも、もっと多くの相続案件の紹介を獲得している事務所様もあります。

一方で、上記チャネルとお付き合いはあるにもかかわらず、相続案件の紹介が獲得できていないという事務所様も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

私は、多くの先生方とお話しする中で、紹介先の開拓に成功している事務所とそうでない事務所には「明確な違い」に気付きました。それは何だと思いますか?

「『紹介料』を渡している」いいえ、違います(笑)

成功している事務所の特徴は、提案先に対し、「集客が伸びる、顧客満足度が上がる」といった「相続に関わる事のメリット」を伝えていること、

さらに、自事務所との連携で、自社の負担はほとんどなく、メリットを享受できるスキームを提案していることです。

これは決して難しいことではなく、「その方法を知っているか」がカギを握ります。

東京都新宿区で事務所を運営し、27の税理士、会計事務所に対して行った相続提案で、紹介案件を増やすことに成功している「なかむら司法オフィス 代表司法書士 中村 昌樹 先生」や、

千葉市で事務所を運営し、案件紹介がほとんど無かった地元葬儀社に、本格的に営業活動を行って、紹介手数料なしで3か月間のうち遺産整理案件5件を獲得した「司法書士法人つばさ総合事務所 代表司法書士 大久保 博史 先生」も

上記の方法で他業種との連携に成功し、相続の売上を増やすことに成功している事務所様です。

この2事務所の代表の先生お二人をお招きし、「他業種連携」で相続案件の紹介獲得に成功するためのノウハウや具体的取り組みについて出し惜しみなく公開いただくセミナーを開催できることになりました。
 

セミナーでは、上記2事務所様以外にも、我々のご支援先や会員事務所様の中で、相続案件の紹介獲得件数の倍増に成功した事例をご紹介し、そのポイントやアプローチツールについて全てご紹介をしたいと思います。
 
相続分野の売上をさらに大きく伸ばしたい
付き合いのある「他業種」から相続案件の紹介を獲得したい
 
という事務所様必見のセミナーになります。
  

今回のセミナーはオンラインでも受講可能になっています。セミナーを同時中継で配信いたしますので、東京に行くのはなかなか難しいという先生方にもご覧いただけるセミナーです。

========================

「司法書士事務所向け相続チャネル開拓セミナー」

開催日時:10月6日(土)13:00~16:30
開催場所:株式会社船井総合研究所 東京本社
受講料:一般企業 税抜30,000円(税込32,400円)/一名様 会員企業 税抜24,000円(税込25,920円)/一名様
オンライン受講可能(セミナー開催後1週間は動画を何度でもご覧いただけます)

詳細はこちらをご覧ください
https://goo.gl/61jYiN

この記事を書いたコンサルタント

川崎啓
川崎啓


新卒で株式会社船井総合研究所に入社後、多岐に渡る業界の経営コンサルティングに従事した後に、司法書士事務所専門コンサルティングチームへ。

現在は、全国20を超える司法書士事務所の経営サポートを行っており、その大半は相続業務を基軸に業績アップの提案を行っている。

WEBや紙媒体を駆使して、一般顧客からの受任を獲得するダイレクトマーケティング支援はもちろん、遺産整理や遺言執行などの業務導入を促進し、相続平均受任単価を倍増させる支援や、早くから成年後見業務の社会性、将来性、収益性の可能性を感じ、ご支援先に対して後見業務を切り口とした介護関係チャネルの営業支援を行い、業績アップ、永続成長事務所創りをお手伝いしている。

司法書士の社会的地位の向上を後押しすることをミッションとして、日々経営サポートに励んでいる。