司法書士・土地家屋調査士経営メソッド

  • 事業承継税制と事業承継信託の活用場面は○○!?

    事業承継税制と事業承継信託の活用場面は○○!?

    先日、第3回事業承継実務研修を開催致しました。 テーマは「ファミリーガバナンス」と題しまして、事業承継信託についての研修でした。 第1回から第3回の事業承継実務研修の内容を整理し、事業承継税制と事業承継信託の 二つの手法について考察していきたいと思います。 特例事業承継税制?それとも、事業承継信託? 事業承継税制と事業承継信託について比較をしながら、考えていきたいと思います。 事業承継
    続きを読む >>

  • 司法書士向け成年後見業務の損益分岐点は30人?

    司法書士向け成年後見業務の損益分岐点は30人?

    司法書士の成年後見業務は本当に儲からないのか? 成年後見に対してネガティブなイメージを持っている司法書士が多いと感じています。 実際にお話を聞くと下記のようなお声が多いです。 ・後見報酬は1年後。短期的な売上が上がらない ・月末の記帳、郵送物の処理など細かい作業も多い ・リーガルサポートからの選任以外の導線がない   確かに、登記がメインの事務所様では成年後見業務は魅力的に映らないの
    続きを読む >>

  • 最新のワンマン測量の導入事例 ~仮測量(敷地調査)のパッケージ化~

    最新のワンマン測量の導入事例 ~仮測量(敷地調査)のパッケージ化~

    船井総合研究所相続グループの宮戸秀樹でございます。 今回は土地家屋調査士事務所向けの ワンマン測量の導入事例について紹介させていただきます。   土地家屋調査士業界のような労働集約型の業界で売上・利益を最大化させるためには、 「受託単価×現場稼働数」を最大化させコスト(固定費・変動費)を 抑えていくことが重要になります。   現場数を増やし、受託数を増やしていけば売上は増えていきま
    続きを読む >>

  • その仕事、本当に資格者がやらなければいけないことですか?

    その仕事、本当に資格者がやらなければいけないことですか?

    皆様、こんにちは。船井総研小川原です。 土地家屋調査士事務所のコンサルティングを開始して、はや1年が経過しようとしていますが、お陰様で北は北海道から南は九州まで地域トップクラスの事務所様(50事務所、70名近くの所長)とのご縁に恵まれています。 その先生方とのお話を通じて、感じたのは一人あたりの生産性を上げていくことが、土地家屋調査士事務所の経営には欠かせないということです。 もちろん「新規
    続きを読む >>

  • 登録制ありの大手不動産会社の突破方法まとめ

    登録制ありの大手不動産会社の突破方法まとめ

    統計データを見ていると不動産登記の件数が減少している中で、中古物件の売買件数は毎年増えています。2020年までに中古住宅流通・リフォーム市場の規模を倍増させるという「中古住宅・リフォームトータルプラン」などの国の政策によるものです。 司法書士事務所として中古売買の決済案件を増やすための一番の近道は三井のリハウスや住友不動産販売のような大手不動産会社からの案件を獲得することです。ただ、大手不動
    続きを読む >>

  • 司法書士事務所の業務時間を約4割減らす方法

    司法書士事務所の業務時間を約4割減らす方法

    昨今、人材(資格者やスタッフ)不足のために業務効率化を、また人材定着のために残業削減を 目指して、今よりも少ない人員体制で業務を回すことができる高生産性の事務所つくりが急務だと考えられている事務所様が急増しております。 業務効率化の目的は利益率を高めることですが、その他に業務時間(残業も含む)削減によって業務負担を減らして資格者が働きやすい環境を整えたり、業務効率化によって空いた時間を手続き業務か
    続きを読む >>

  • 【2017年上半期まとめ】業績が伸びている司法書士事務所の特徴と傾向

    【2017年上半期まとめ】業績が伸びている司法書士事務所の特徴と傾向

    ネット銀行をはじめとした借換案件の急増から始まった2017年ですが、早くも上半期が終了しました。 今回は、上半期に特に業績が好調であった事務所の特徴を、3点ご紹介いたします。 2017年上半期好調だった事務所の特徴 1 投資用物件を扱う不動産会社・銀行からの案件受託事務所。 都心部では、収益不動産を扱う業者やそれに融資を行う、比較的融資条件の緩いスルガ銀行や外資銀行への開拓がうまくいってい
    続きを読む >>

  • 大手の保険会社の参入で、2019年は認知症保険市場が過熱する

    大手の保険会社の参入で、2019年は認知症保険市場が過熱する

    高齢化社会の進展による認知症患者の増加を背景に、 「認知症保険」が契約数を伸ばしています。   太陽生命保険の「ひまわり認知症治療保険」は発売から一年で契約が約23万件を超え、 朝日生命保険の「あんしん介護認知症保険」も一年で契約数約5万件を突破しています。   これまで、認知症保険は国内中堅クラスの保険会社が市場の多くを占めていました。 しかし、2018年の12月に国内大手の第
    続きを読む >>

  • 民事信託研究会 発足!!

    民事信託研究会 発足!!

    #contentsArea_m img{ width: 100%; } 2018年9月に、「民事信託研究会」が発足しました! 超高齢社会日本では、認知症対策や生前対策のニーズが高まっています。 民事信託研究会は、こうした社会の課題に対して、 最適なリーガルサービスを提供する先生方のプラットフォームとなることを目指しています。   今回のコラムでは、発足1回目の
    続きを読む >>