2016年06月06日

12時間ルール

司法書士事務所コンサルティングチーム 浅野 大樹(あさの だいき)

本日は、採用における応募があった後の
応募者に電話をするタイミングについてお伝えいたします。

船井総研のマーケティングノウハウの一例として、『12時間ルール』というものがあります。

お客様よりお問い合わせがあった際に、12時間以内に対応すれば
面談誘導率が向上するというノウハウですが、
これは「鉄は熱いうちに叩け」という原則に基づいたものです。

つまり、お客様の温度感が最も高い内に対応すれば、
お客様の『面談に行く』というアクションも促しやすいという成功事例をルール化したものです。

これは採用においても同様です。
就職・転職希望者が応募をした瞬間が、応募者の自事務所に対する興味・関心度が最も高い瞬間です。
しかし、就職・転職希望者は他の事務所も並行して就職・転職をするケースが多く、
すぐに興味や関心は他の事務所に移ってしまいます。

そのため、最低でも応募があった時から12時間以内に対応すれば、
説明会に誘導しやすくなります。

基本的に採用はマーケティングと原則は変わらないため、
この12時間ルールを徹底して取り組んで頂きたいと思います。

司法書士事務所コンサルティングチーム 浅野 大樹(あさの だいき)

浅野 大樹(あさの だいき)

「共通 」カテゴリの関連記事