村里社会保険労務士事務所 所長 村里正司 様

 

事務所名:
村里社会保険労務士事務所

【経緯】

経営に関して一抹の不安がある頃、
たまたまDMを見て、セミナーに参加したのが船井総合研究所との最初の出会いでした。
当時はまだ、村上さんも福岡にいらしてましたね。

その後社労士事務所経営研究会に入会したのですが、実は支援を受けたのは、
妻が別業種で船井さんの月次支援を受けていたからです。

支援料ってそんなに高いのか、と思っていたのですが、
ある時、妻が支援を受けているコンサルの方と話す機会がありました。

支援でどのようなことをするか分かり、沖山さんにお願いすることになりました。

【良かった点】

スピード感がある点ですね。
こちらがお尻を叩かれている感じがあるくらいです。

色々な情報を随時教えていただけます。
ちょうど昨日も、助成金を出している厚生労働省の動きなどを教えていただきました。

今は沖山さんと中島さん、2人で動いて頂いてますが、
上手く役割分担をされているようです。
2人体制ならではのスピード感もあると思います。

また、私は組織編成や、仕組みの構築などが苦手に感じていて…。
支援のメインは助成金ですが、そういうこともやらないといけないのだなと。
支援の中でも、組織化などの動きに取り組んでいます。
他にも何でもご相談させていただいています。

【プラスの効果など】

事務所のスタッフが自主的に動くキッカケとなった出来事があります。

京都にいる先生の助成金攻略セミナーに、
スタッフ3、4名だけで参加してもらった事があります。

私の事務所では、他の事務所の風に当たる機会が今までありませんでした。

私が研究会に参加し、その情報を下ろすより、
スタッフ自ら肌で感じてもらったことが、とても刺激となったようです。

戻ってきて、「うちにも取り入れたい」と、自主的に動き始めました。
そういった思考回路が出来たようですね。

また、スタッフのモチベーションも、組織が出来たことで上がったと思います。
今まで何でも仕事をしていましたが、アドバイスを頂いて、組織編制し、
仕事の線引きをしたことで、スタッフも働きやすくなったと思います。

業績面ですが、助成金に関する売り上げが伸びています。
助成金は、申請した事務所に実際の入金があるまでタイムラグがありますが、
その手前で事務所の売り上げを作る方法を教えて頂いて、売上も上がりました。

着手した分は年末に向けて入金があるのでこれからですね。いい感じで進んでいます。

【印象など】

沖山さんも中島さんも若いですが、すごくスキルが高いですね。
また、体育会系というか、師弟関係のようなものを感じます。

沖山さんは僕にない目線を持っている方です。
20ぐらい歳が違いますが、「こんな考え方があるのか」と思わされることが多いです。
この人にお願いしてよかったと思っています。

中島さんは、資料提供などが早い。
Indeedの件ではお世話になり、色々と助けて頂きました。
お蔭さまで採用も上手くいき、私の顧問先でのお話しも今進めて頂いています。

【今後の展望・期待することなど】

事務所の人数も倍以上に増えました。

売上の結果はこれからなので、事務所を大きくしていく上ではまだ不安感はありますが…。
それはこれから助成金の申請を重ねていく中で、無くなっていくのかと思います。

船井さんには現状もよくして頂いているので、これからもこのままで大丈夫です。
船井流だと、現状維持はいけないのでしょうけどね。

あえて言うなら、忙しそうなので、身体は大丈夫かな…と心配になるくらいです。
本当によく働かれますよね。私も刺激にはなっているのですが…。

研究会のメンバーにも、支援を薦めているのですよ。
どうぞこれからも宜しくお願いいたします。

お問い合わせ

士業コンサルティンググループ 担当:ハナダ

▼お電話の場合は、0120-958-270までご連絡ください。
 ※平日9時 ~18時(土日祝は定休)
 ※お電話いただく際に、「社労士事務所経営.comを見た」とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ