2015年03月31日

タダで業績が上がる方法その5

司法書士事務所コンサルタント 真貝 大介 (シンガイ ダイスケ)

第五弾は、「料金表を明示する」です。

最近ようやくウェブ上では明示されるようになりましたが、

それでも債務整理や相続ぐらいで、

本当に正直な料金表を取引先に配っているところは

少ないようです。

「他の同業に知れたくない」というのが最も多く耳にする

理由ですが、これでは永遠に平行線。

寿司屋で値段がわからない店に入れないのと同じで、

いくらかかるかわからない事務所と、ハッキリわかっている事務所では、

同じ土俵にすら上がれません。

「値段が見積もれない」というのも、よく耳にしますが、

それでも料金表を作っている事務所があるわけで、

そう言っている限りはいつまで経っても取引先に透明性の高い

サービスは提供できないわけです。

現象として「料金表を明示する」ということは、

司法書士報酬に公平性と透明性があり、

相場で変わるものでないという、サービスの正当性を

示すものだとお考えください。




最新の記事は、司法書士経営研究会、エリアサークルの

会員様限定に配信しております。
研究会、エリアサークルお試し参加ご希望の方は、下記よりお問合せ下さい。
https://funaisoken.ne.jp/mt/samurai271_shihousyoshi/toiawase.html

司法書士事務所コンサルタント 真貝 大介 (シンガイ ダイスケ)

真貝 大介
(シンガイ ダイスケ)
のブログはこちら

「WEB 」カテゴリの関連記事