2015年03月09日

タダで業績が上がる方法その2

司法書士事務所コンサルタント 真貝 大介 (シンガイ ダイスケ)

第二弾は、「手紙を書き続ける」です。

1日5通くらいが目安でしょうか。

それも、一人に対して、良い関係が築けるまで書き続けることです。

これは、船井総研でも伝統的にやっていて、「レター法」と呼ばれるものですが、
単にサンキューレターを書きましょう、ということではありません。

チラシでもホームページでもそうですが、
単に「媒体を作る」ことと、「媒体を通じて物事を伝える」ことは
全く異なるものです。

チラシやホームページなら事務所のサービス、商品を落とし込むことが
目的であり、逆説的には媒体を作りながら落とし込む商品を設計するのが
客目線であり、良い商品を作るコツだったりします。

手紙も全く同じで、1日5通書くと決めたら、
・新しい人と5人合わないといけない
・5人と話した内容を覚えておかないといけない
・5人とそこそこ身の詰まった話をしないといけない
・5人にメリットのある提案を考えなければいけない
・5人に次のステップを提示しなければならない
という「本来の目的」が登場することになります。

メールであれば、本当にタダですし、
出来れば切手くらいは買って、手書きで送りましょう。

タダじゃなくなりますが、サラリーマンの船井総研社員だって
自分で切手くらい買います。

1人の人脈に50円なんて、タダみたいなものです。




最新の記事は、司法書士経営研究会、エリアサークルの

会員様限定に配信しております。
研究会、エリアサークルお試し参加ご希望の方は、下記よりお問合せ下さい。
https://funaisoken.ne.jp/mt/samurai271_shihousyoshi/toiawase.html

司法書士事務所コンサルタント 真貝 大介 (シンガイ ダイスケ)

真貝 大介
(シンガイ ダイスケ)
のブログはこちら

「チャネル開拓 」カテゴリの関連記事