2017年07月20日

弁護士は本当に食えなくなってしまっているのか?

法律事務所コンサルティングチーム 阿部 悠紀(あべ ゆうき)

昨今、各種メディアにおいて、法曹業界に対するネガティブな報道が増えているように感じます。
弁護士の増員に伴い、競争環境が厳しくなり、経済的に困窮する弁護士が増えてきているというものですが、実際はどうなのでしょうか?

それらを見る指標として、国税庁の発表する「統計年鑑」という資料があります。

これによると、平均所得(総所得/申告弁護士数)の値は、2008年の1,406万円から2015年は968万円となっており、30%程度減少していることがわかります。

また、500万円以下の申告割合も32.2%から40.8%と、徐々に増えていることがわかります。

あくまで一つの指標でしかありませんが、平均的な水準というのは、下がっていることは言えるでしょう。

申告弁護士数
(人)
総所得
(百万円)
平均所得(万円)
総所得/申告数)
500万円以下の申告
(人)

500万円以下
の申告割合

損失額のある者
2008 23,470 329,972 1,406 7,563 32.2% 3,569
2009 25,533 303,029 1,187 9,310 36.5% 6,154
2010 26,485 284,748 1,075 10,502 39.7% 7,185
2011 27,094 269,871 996 11,217 41.4% 7,838
2012 28,116 269,959 960 11,890 42.3% 7,786
2013 28,263 265,681 940 11,952 42.3% 7,426
2014 30,357 276,995 912 13,363 44.0% 7,918
2015 30,354 293,802 968 12,399 40.8% 6,953
※「500万円以下の申告数」に「損失額のある者」は含まれていない。
 

しかしながら、「弁護士が食えない」というのは、あくまで一部の事象を取り立てているだけの話しであり、実態とは乖離しているように思います。
少なくとも、私どもがお付き合いをさせていただいている個別コンサルティング先や、経営研究会にご参加いただいている先生方においては、案件が減少するどころか、むしろ事件数の増加に対してリソースが追いつかないというケースが圧倒的に多いです。

今後、さらに発展をしていく法律事務所像

今後より成熟をしていく市場において、ただ生き残るだけでなく、さらに大きな発展を遂げていくであろう法律事務所像は以下の通りです。

1)市場や他の事務所より先行的にマーケティングを進化させ、新たな需要を拡大していく。
2)競合に対して優位性を持てる領域を見定め、それを追求する。(一点突破による独占状態の創出)
3)販促による差別化だけでなく、スキル・ノウハウを蓄積し、商品力・サービス力で差別化を図る。
4)重点取扱分野を核としつつ、蓄積したノウハウを他の分野・サービスまで拡充し展開をする。

ネガティブなニュースに惑わされることなく、日々、依頼者のためになるサービスを開発し続けていただきたいと思います。

▼法律事務所経営研究会のご案内はこちら
http://samurai271.com/bengoshi/e00/0157.php

▼企業法務研究会のご案内はこちら
http://samurai271.com/bengoshi/page-1937

 

【この記事を書いたコンサルタント】

シニア経営コンサルタント 阿部 悠紀(あべ ゆうき)

法律事務所コンサルティングチーム チームリーダー 法律事務所の業績アップコンサルティングに特化し、25社以上の顧問先を持つ。 WEBマーケティングに強みを持ち、専門サイトを活用した反響の最大化、広告戦略の最適化などで成果を上げている。「即時業績アップ」と「それぞれの事務所に合った提案」を常に心掛けている。

「オススメ 」カテゴリの関連記事