2017年04月03日

【2017年最新版】検索で上位表示される3つの要点

司法書士コンサルティンググループ 吉川 夏樹(よしかわ なつき)

こんにちは!司法書士グループの吉川夏樹です。
主に、司法書士事務所のWebマーケティングを専門としております。

私がお手伝いさせていただいている
「司法書士事務所」様における業績アップのひとつに
“Webからの問い合わせ数アップ”があります。

Webマーケティングはホームページからの
お問い合わせを最大化させることが目的です。
そのためには、まず何よりも自社サイトの記事をお客様に
見ていただかなければ意味がありません。

ですから、今回は自社サイトの記事を検索において
上位に表示させるためのいわゆるSEO対策が重要となってきます。
そして最近、そのSEO対策に大きな変更がありました。

先日朝日新聞よりGoogleが企業サイトやまとめサイトの順位を
強制的に下げるペナルティーを相次いで科していたというニュースがありました。

不適切な手法で上位に掲載しようとしたため、
Googleから強制的に掲載順位を下げられたというニュースです。
http://digital.asahi.com/articles/ASK2J77M0K2JPTIL01P.html?_requesturl=articles/ASK2J77M0K2JPTIL01P.html&rm=264

それにより、同じ内容の記事を量産していたサイトや
リンク数を増やすことで上位に掲載される仕組みを悪用し、
別の業者から内容の乏しいサイトを大量に買い付けて
自社サイトにリンクさせていたサイトがペナルティーとして
Googleから強制的に掲載順位を下げられています。
そこで、今後SEO対策としてサイトが上位表示されるための3つの要点をご紹介します。

≪これからのSEO対策において重要な3つのポイント≫


今まで:画像を何でも付けることでSEO的に評価されるページになっていた
これから:画像も著作権に気を付けて添付する必要がある

使用している画像は著作権フリーの画像なのかは、
無許可で画像を使用していると著作法違反となり
損害賠償を請求される危険性があります。
最近では、著作権フリーとうたっておきながら
実際は著作権違反になるようなフリー画像提供サイトも存在していますので、
注意が必要です。


今まで:記事数が多いほどSEO的に評価されるため、似たような記事を大量に掲載していた
これから:記事の文章を使いまわしているとペナルティの対象になる可能性が高い

他の記事で使用しているページをそのまま複製していると
質の悪いページとみなされるため、ペナルティの対象になる可能性が高いです。

対策方法としては、文章の文言を変更する「リライト」という作業などを行う、
もしくはまたオリジナルコンテンツを書くことにより、
類似コンテンツの比率を下げる必要があります。


今まで:記事を投稿して適当にリンクを設定して終了
これから:TOPページに記事へのリンクを設置することで、
より早く上位に掲載される

TOPページに記事へのリンクを設置しているかどうかは
より早く上位に掲載されるためにTOPページに新しく作成した
記事へのリンクを設置する必要があります。

以上の3点に注意し、記事を作成する事によって
ペナルティーを回避し、より早く検索ランキング上位に掲載できます。

わからないことなどがございましたら、ぜひお問い合わせください!

★司法書士事務所の経営に関するご相談はこちらへ
司法書士事務所経営.com お問い合わせフォーム

司法書士コンサルティンググループ 吉川 夏樹(よしかわ なつき)

吉川 夏樹(よしかわ なつき)

カテゴリ WEBの場合はここにバナーを表示します

「WEB 」カテゴリの関連記事